中古ピアノ販売、買取、ピアノレンタル、ピアノ調律・修理の専門店
工房直通ダイヤル : 042−783−1433

工房作業(バットスプリングコードの交換)

コードが切れたままだとスプリングがあばれ、タッチの不揃い、発音不良、連打性能の低下など、動作不良の原因になります。


入庫したピアノのコードが切れている、あるいは切れると予想される場合は
交換作業をします。

 

スプリングコード交換前

交換前の状態、コードが変色し何本か切れています。

 

作業準備

バットを外して、修理を行います。

 

古いコードの削除

アルコールをコードに塗り、古いコードを剥がします。

 

コード取り除き終了

綺麗に剥がれました。

 

新品のバットスプリングコード

新しいスプリングコード。

 

切り分け作業

同じ長さのコードに切り揃えるための一工夫!
ネジ回しの柄にコードを巻き付けます。

 

ナイフで切る

巻き終わったら、ナイフで一気に切ります。

 

切り揃えたコード

均一の長さに揃ったコードの出来上がり。

 

取り付け作業

1本づつ、フレンジの溝に接着します。先に片側を貼ります。

 

取り付け作業2

次に、反対側を接着。ループ状になりここにスプリングを掛けます。

 

スプリングコード張替え完了

コードが接着完了したら、掃除機で埃を取り、バットを取り付け完成。

 

中古アップライトピアノのページへ戻る